外国為替取引市場としてのFX(外国為替証拠金取引)について、詳しく追求していきましょう。

外国為替証拠金取引(FX)というのは、二種類の貨幣を取引することでその差引額を受け取るとの方法なのです。

この二つのお金の関係で作り出される差益金額をスワップ金利と呼んでいます。

スワップ金利は、正式にはスワップポイントと呼ばれるようです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)というのは、日ごとにもらう事ができますけれども、その日の為替の相場の動き方によって変わってくるそうです。

この外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)の獲得が目的で外国為替証拠金取引(FX)の取引をしている人もいるらしいです。

スワップ金利は、そのFX業者により違うところがあるためほんの少しでもスワップポイントが高いFX業者でトレードしたいものですね。

しかしながらスワップ金利は為替の相場が変わると変動してしまうので注意しましょう。

また、トレードを行う際は図を読むのが必要となるのです。

この図表を読み取れれば為替の動向を読む事が出来るとのことです。

外国為替取引ビギナーの方が見たならばいったい何のグラフ?などと不思議に思ってしまうのでしょうけど要点を抑えておくことによってグラフが理解出来るようになるのです。

いつから円が上昇している又は下降するという感じで、この時が最近では円安になるだろうとこの図表を理解する事で判定する事が出来て為替の取引をやる時はとてもためになるデータとなります。

上記のグラフは日本の中ではローソク足が使われローソクの形の図で表示されているのです。

そのローソク足で、高値・安値、かつ終値や始値などを表示されており図の中で多種多様な格好となっています。

Copyright © 2002 www.evelawfirm.com All Rights Reserved.