愛車を運転していると、「自動車を持ったままで即日融資可」という宣伝ボードやお知らせが偶然見かけることも多いかもしれません。

これらのお知らせは、車を担保としてお金を融資する広告であることが多いでしょう。

車担保融資と呼ばれる言葉は、知っていたとしても、実は、どういった融資のされ方なのか割と把握していない人も少なからずいるようです。

車担保融資とは、それほど少数派のローン方法ともいえると思います。

車担保融資では、クルマを担保にすることで、愛車の現時点の査定額を出し、その査定枠の中での融資を行っているようです。

通常の中古車買取専門業者での査定と同じように、年式が経つ車や喫煙車であると、査定の見積もりが低くなってしまうことがあるので車担保融資の時には意識しておくといいはずです。

車担保融資は、「クルマ」という実質資産を担保にする方法ですので、消費者金融などでキャッシングが受けられない人でも直ぐに査定額内でのローンキャッシングを行ってもらえるようです。

さらに言えば、銀行や消費者金融でのローンには色々な手順や面倒な審査などがありますが、愛車という実質資産を利用し、行うローンキャッシングですから、そういったものが必要ないということもあるようです。

近頃では、愛車を担保としてローンを受けても、車を今まで通り使用することが出来る車を利用した担保融資も増えてきていると思います。

また、ローンキャッシングの弱みとしては、自動車の売値価格にローンキャッシングの金額次第ですので、所有する愛車によって、自分が希望する価額のキャッシングを受けられないということも度々あると耳にします。

愛車を返済に行き詰った際の保険にしますから、仮に支払いが出来ない際は、即座に自動車を明け渡さなければならないというのも、デメリットです。

自動車が生活で欠かせないものである世帯では、車を返済に行き詰った際の保険にするローンの方法は、随分リスクがあるといえると思います。

Copyright © 2002 www.evelawfirm.com All Rights Reserved.