昔から大好きな釣りに行く前に、私はえさを手作りしてから出かけます。 釣りをする上でえさ、という物はとても大切となるものであり、玄人の魚ですとすぐにえさが本物ではない、危険であると覚ってしまいます。 だからこそ、釣りを実践する前には狙っている魚が好みそうなえさを十分に下ごしらえしてから行います。 良質かつ、あまり作り物に見えないようなえさを作り、それとなく本物の魚だよ〜美味しいよ〜といった雰囲気を醸し出しながら魚の目の前に垂らします。 魚がえさに目をやっても、そのえさがまずそうであったり、偽物のようでしたら食いついてくれません。 食いつきが弱いな、と思ったら美味しそうな動きをして魚の口に向かいます。 大抵の魚は食いついてくれるのですが、釣り上げる前に私の体力が持たなくなり途中で中断をしてしまって魚を逃がしてしまう場合すらあります。 そのことから、釣りとはえさ作りも含めてかなりの忍耐が強いられる趣味であるといえます。

Copyright © 2002 www.evelawfirm.com All Rights Reserved.